成果報酬型のセミナー集客代行
ウェビナーを開催してみる

ウェビナーって何?ウェビナーで出来ること・出来ないこと。無料ツールは?zoomって何?ウェビナーの告知方法など。

詳細はこちら

セミナー講師が抑えておきたい心理学の基本

男性セミナー講師 セミナー開催
スポンサーリンク

講師としてセミナーに登壇することと、心理学は切っても切れないものです。

心理学を知っているか否かでは、セミナーの成果に大きな違いが生まれます。心理学の基本をおさえておかなければ、セミナーで十分な結果はあげられないでしょう。

とはいえ、

🔰 セミナー講師は、心理学の何をおさえておけばよいのか?
🔰 具体的に使うべき心理学テクニックは何か?

というような疑問を持っている講師さまへ、
本記事では、セミナー講師がおさえるべき心理学の基本と、テクニックについて解説します。

セミナー講師がおさえておきたい心理学の基本

セミナーの様子を再現した模型
まずは心理学の基本についておさえておきましょう。

心理学的な観点から必ずおさえておきたいのは、

✅ 最初が最大の山場
✅ 信頼関係を築く
✅ 勝手に常識を作る

という3点が挙げられます。

それぞれについて、下記では詳しく解説します。

最初が最大の山場

第一におさえておきたいのは、「最初が最大の山場である」ということです。

参加者に与える第一印象が、何もよりも大切です。

「初頭効果」という心理学用語を聞いたことはないでしょうか?
簡単に言えば、「一番最初に与えた印象が、意思決定や行動へ大きな影響を与える」というものです。

ことセミナーには、初頭効果が強烈に影響を与えます。つまり最初の印象がよければセミナーは成功へ近づきますし、印象が悪ければ、うまくいくはずもありません。

あらゆる手段を使って、第一印象が高まるように創意工夫しましょう。

たとえば、

  • 清潔な服装に仕上げる
  • 笑顔の作り方を覚える
  • 声のトーンを好印象にする
  • 姿勢を正す
  • 適切な声量を心がける
  • 目線を高く持つ

などを意識するとよいでしょう。
とはいえ第一印象を向上させるため、やるべきことはいくらでもあります。上記はあくまの一例にしか過ぎません。

第一印象については、継続的なブラッシュアップを続ける必要があります。

セミナー講師は第一印象が大事−おさえるべき3つのポイント
人気セミナー講師、主催者になるために、より説得力を与え、ファンを増やすような第一印象とは。これからセミナー講師や主催者として活動していこうとお考えの方に、本記事では好意的な第一印象の作り方のポイントをお教えします。

信頼関係を築くことが重要

また、「信頼関係」を築くということも、心理学的な側面で言えば大切です。

これは上手に話すことよりも、美しい資料を作ることよりも、はるかに重要です。なぜなら講師と参加者の間に信頼関係がなければ、何を言っても「響かない」からです。

信頼してもらえなければ、態度変容や行動促進を起こすどころか、聞き流される可能性があります

ここで「作らなければいけない信頼関係」は、心理学用語における「ラポール」です。

ラポールが築かれていれば、

  • この講師には権威性がある
  • この講師が言っていることは、(ロジックを一部度外視して)信用できる
  • 言われたとおりに行動してみたい

といったことが可能になります。
これらを達成するためには、さまざまな工夫が必要です。

たとえば、

・自己開示をする
・参加者を事前にプロファイルし、共通点を示す
・質問をして、相互理解する

といった方法があります。しかしラポールを築くことは、決して簡単ではありません。

適切にラポールが形成されるように、やはりブラッシュアップし続ける必要があります。

信頼関係の基本。ビジネスにおけるラポール形成とは?|KeySessionマガジン
ビジネスにおいて人間関係はとても重要な要素です。信頼関係が築けないと悩んでいる人は、ラポール形成ができていない可能性があります。どんなに優秀な人材でもラポール形成ができていないと、円滑に物事を進めることができないのです。ここではラポールの意味やその効果、ラポール形成に必要な行動などについて解説しています。ぜひ理解を深め...

心理学を使って、感情に訴える

そして「感情に訴える」という目的を、忘れないようにしましょう。

参加者に態度変容や行動促進を起こしたい場合、ロジックは必要です。ロジックが形成されていなければ、参加者は納得してくれません。
しかし「ロジックだけでは、まったく足りない」という事実もあります。

何らかの方法で、参加者に「行動(=セミナー主催者側でのコンバージョン)しなければ!」と思わせなければいけません

そのためには、「参加者の感情を読み取る」ということが重要です。

参加者が
⚠ 何を求めているか
⚠ 何に危機感があるか
ということを先読みして、「そこには行動が必要である」という状態に持ち込むというわけです。

そのうえで、「参加者からのアテンドを引けるフレーズを差し込む」というのが、基本的な流れになります。

もちろん、ものすごく難易度の高いことです。おそらくセミナー講師として、永遠の課題と言えるでしょう。

しかしこの課題と向き合わなければ、成果は得られません。

初心者セミナー講師が押さえる6個のコツ
セミナー講師というのは、とても難しいポジションです。参加者の心を突き動かすような話術が披露できるようになるまでは、相当な努力が必要でしょう。しかし初心者でも、おさえるべきコツをおさえておけば、セミナー講師としてある程度の活躍はできます。本記事では、初心者セミナー講師向けに、優先しておさえておきたいコツを解説します。登壇する前に、ぜひ参考としてください。

セミナー講師がおさえておくべき、心理学テクニック

話に聞き入るセミナー参加者
上記では、セミナー講師がおさえておくべき心理学の基本について解説しました。これはあくまでも基本的なものであり、今すぐ活用できる「テクニック」ではありません。

下記では、すぐにでも使えるような、セミナー講師がおさえておくべき心理学テクニックをふたつ紹介します。

ぜひ、使いこなせるようになっておきましょう。

誤前提暗示

誤前提暗示とは、「二者択一ではないのに、二者択一に見せる」というテクニックです。

二者択一を迫ることで、参加者の行動が、ある程度制御できるようになります。

たとえば、「コンサルタントに受けてもらう」ということが目的だったとしましょう。ノーマルに選択肢を提示するなら、「受けるか、受けないか」という二択になります。

しかし「コンサルタントには、AとBのコースがある」というようなことを宣言していたとしましょう。

すると選択肢は、「AかBか」、というふうに提示されます。

つまり「コンサルタントを受けるか」という前提を飛ばした「誤前提」を暗示するというわけです

サウンドバイト効果

サウンドバイト効果とは、「簡潔な言葉は印象に残る」ということを示すというものです。

人は、長いフレーズを心に留めることが苦手です。しかし簡潔な言葉は、面白いほど印象に残ります。

・「人命は地球よりも重い」(福田赳夫)
・「Fight for freedom.」(映画:独裁者)
・「Yes We can.」(バラク・オバマ)

といったフレーズを覚えている人は、多いのではないでしょうか?
覚えている要因のひとつとして、「サウンドハイド効果」のはたらきが挙げられます。

つまり「短くて印象的なフレーズ」を用いることで、参加者に何らかの印象が持たせられるというわけです。

セミナーや営業などで利用される心理テクニック
私たちは自分の意志とは無関係に、人間が持つ心理的特性から知らず知らずのうちに誤ったほうへと流されてしまうことがあります。場の状況に流されるのではなく自分が心から正しいと思える判断をするために注意したい社会心理学の情報から3つを紹介します。

セミナーの成果を上げるために心理学を活用しよう

人の脳を模した木の模型
セミナー講師には、さまざまな心理学的な知識や思想、テクニックが求められます。

心理学を知らず、無軌道にスピーチしても、思ったような結果は得られません。

学問である以上、心理学はたいへん奥深いものです。一朝一夕で身に付けられるものではありません。

繰り返しにはなりますが、「継続的にブラッシュアップする」ことが重要です。

心理学セミナー
心理学を学ぶことで、対人関係や恋愛関係が潤滑になったり、スポーツやプレゼンなど緊張感が高まる場面でもベストなパフォーマンスがきるようになります。
タイトルとURLをコピーしました