成果報酬型のセミナー集客代行
ウェビナーを開催してみる

ウェビナーって何?ウェビナーで出来ること・出来ないこと。無料ツールは?zoomって何?ウェビナーの告知方法など。

詳細はこちら

ウェビナー

ウェビナー開催の流れ

最近では、自宅やオフィスなどで受講できるウェビナーが人気になってきています。
インターネットを利用したセミナーには物理的な制限がありません。ターゲットになる受講者の幅も格段に広がりますので積極的な導入をおすすめします。

ウェビナーの始め方 PDFマニュアル無料ダウンロード
ウェビナーを始めたいという企業・団体様へウェビナーの始め方の無料マニュアルを配布しております。 以下のフォームに必要情報をご記入下さい。 後日、担当者よりマニュアルをお送りさせていただきます。

ウェビナーって何?

ウェビナーとは?

ウェビナー(Webinar)という言葉は、「ウェブ(Web)」と「セミナー(Seminar)」を足した造語です。Webセミナーやオンラインセミナーとも言われます。

ウェビナーはインターネット上で開催されるセミナーのことで、ZOOMなどのWeb会議システムの他、スカイプやLINEなどのコミュニケーションツールを使用して行われています。

これまでは東京開催であれば、交通費と時間をかけて東京の会場に足を運ぶ必要がありましたが、パソコンやスマートフォンがあれば、自宅やカフェでも受講ができます。また就業後の21時〜開催されるセミナーは少ないのですが、ウェビナーであれば講師も受講生も自宅にいながら参加ができるので、21時・22時という時間帯でも開催可能というのがウェビナーの特徴の一つです。

ウェビナーとは?Webセミナーとの違いや活用方法について
ウェビナーに興味をお持ちですか?開催地域に関係なくどこにいても参加することができるウェビナーが人気です。本記事ではウェビナーについての解説と活用方法について解説していきます。ウェビナーの導入を検討中の方はぜひ参考にしてください。

企業の就職説明会や面接に導入されたり、顧客への製品紹介やアフターフォローのコンテンツとしても活用されています。

ウェビナーの種類

ウェビナーにはリアルタイムでライブ配信されるものと、あらかじめ録画された講義を動画配信する手法のオンデマンド配信があります。
リアルタイム配信されるセミナーは、講師と受講生が音声やチャットでやり取りをしながら進行するタイプが多いため、リアルなセミナーに近いイメージです。

逆に、オンデマンド配信については、双方向のコミュニケーションは取れませんが、配信時間にとらわれず自分のペースで視聴し学びを進めることができます。リアルタイムで質疑応答ができなくても、アンケート機能などを使用して回答することが可能です。

ウェビナーのメリット・デメリット

ウェビナーもメリットばかりではありません。
ウェビナーならではのハードルもあるので、知っておいて欲しいメリット・デメリットをこの記事で紹介します。

ウェビナーのメリットデメリットを理解しよう
ネット環境さえあれば、どこへでも自社のコンテンツを配信できるウェビナー。最近ウェビナーとも呼ばれ導入する企業が増えています。ウェブ上なら開催地の制約なく全国へビジネスチャンスは広がります。本記事ではウェビナーのメリットとデメリットについて解説していきます。

ウェビナーのツール紹介

ウェビナーのツールは豊富にあります。条件によってはLINEでも開催が可能です。
画面で資料共有ができる、ホワイトボードが使用できる、録画機能があるなど、それぞれのツールが提供しているサービス内容をチェックして、ご自身のセミナーコンテンツに最適なものを選ぶことが重要です。

ウェビナーツール無料プラン機能を比較
どこからでも参加できる手軽さが魅力のウェビナー。オフラインセミナーに比べて集客力が大きいこと、開催費用を抑えられるというメリットから、導入している主催者や講師が増えてきています。本記事では数あるウェビナーシステムツールの中から、無料で使えるという条件で5つのツールを選出。それぞれが持つ機能を比較してご紹介します。
ZOOMのウェビナーとは?基本機能との違いと7つのメリット
「ZOOM ウェビナー」機能は、セミナー主催者や講師におすすめのオプションプランです。通常のミーティング機能とウェビナー機能の違いを比較して、特に注目すべきウェビナー機能とそのメリットについて解説します。ZOOMの利用プランで迷っている方やセミナー開催に向いているプランを知りたい方はぜひご覧ください。

ウェビナー受講者へのフォロー

非常に便利で気軽に受講できるウェビナーですが、初めての参加は不安なものです。ウェビナー当日までに事前のご案内をしておきましょう。何か問題やトラブルが起こった場合でも対応できるよう準備をしておきましょう。

Zoomを使ったウェビナー コピペで使える招待メール例文
本記事ではウェビナー受講初心者に対して、セミナーコンテンツ紹介文に記載する内容から、申込み受付け後のフォローメール内容まで具体的に解説します。コピペしてご利用いただけますので、ぜひご活用ください。

ウェビナーを告知したい

セミナー集客ポータルサイトの中でも人気が高いセミナー情報ドットコムが、2020年3月からウェビナー掲載を開始しました。

オンラインセミナー形式でどこでも受講可能なウェビナーを紹介します。
ウェビナーを探すなら日本最大級のセミナー予約サイト「セミナー情報ドットコム」をご利用下さい。お探しの地域とカテゴリーからあなたにぴったりのセミナーが見つかります。

従来のセミナー掲載と同様に、ウェビナーの掲載費は無料で、申込みがあった場合も手数料などの課金がありません。
登録方法も登録フォームに沿って必要事項を入力するだけです。ぜひ活用したい告知手段ですね。

ウェビナーの掲載方法|セミナー情報ドットコム 利用マニュアル
2020年3月より、ウェビナーの取り扱いをはじめました。 ウェビナー登録の方法をご案内します。

フィンブリーの活用もおすすめです。
登録手続きは直感的で簡単、5分で貴社のウェビナーが掲載できます。セミナー情報ドットコムには現状 決済機能がありませんが、フィンブリーならサイト内で参加費の受領まで済ませることが可能です。

人気のウェビナーを紹介
あなたの疑問をウェビナーで解決しませんか?
セミナー開催

ウェビナーにモデレーターをつける4つのメリット

セミナーにおいては、「モデレーター」が重要な役割を果たします。モデレーターには、簡単に言えば”セミナーを円滑に回し、よりよい体験を参加者へ提供する”といった役割があります。本記事ではセミナーでモデレーターを配置するつのメリットについて解説します。
ウェビナー

知っていれば避けられる、よくあるウェビナーでの失敗

急激にウェビナーへの切り替えを迫られ、オンラインでおこなうセミナーに不安を抱えている講師・主催者は多いのではないでしょうか。ウェビナーを開催するにあたっては、さまざまな失敗が想定されます。本記事では、よくある失敗例と、その解決策について解説します。ぜひ目を通しておいてください。
セミナー開催

ウェビナーと集合型セミナーの違いを比較

新型コロナウイルスの騒動もあり、ウェビナーが一気に普及し、活用されるようになりました。これからは、ふたつの形態をうまく使い分けるのが、セミナービジネスの成否に深く関わってきます。本記事では両者の違いを、多角度的に分析します。セミナービジネスを成功させたい人は、ぜひ参考にしてください。
ウェビナー

ZOOMのウェビナーとは?基本機能との違いと7つのメリット

「ZOOM ウェビナー」機能は、セミナー主催者や講師におすすめのオプションプランです。通常のミーティング機能とウェビナー機能の違いを比較して、特に注目すべきウェビナー機能とそのメリットについて解説します。ZOOMの利用プランで迷っている方やセミナー開催に向いているプランを知りたい方はぜひご覧ください。
セミナー開催

ZOOMやウェビナーで使えるアイスブレイク9選

本記事ではZOOMなどののツールを利用したウェビナーで使えるアイスブレイクを9つご紹介します。社内ウェブ会議のレクリエーションとしても活用可能です。セミナーの成功に会場の雰囲気作りは欠かせません。これはウェビナーも同じです。アイスブレイクで受講者の参加意識を高めることで、受講のモチベーション維持にも繋がりますから、ぜひご活用ください。
編集部おすすめ

Zoomを使ったウェビナー コピペで使える招待メール例文

本記事ではウェビナー受講初心者に対して、セミナーコンテンツ紹介文に記載する内容から、申込み受付け後のフォローメール内容まで具体的に解説します。コピペしてご利用いただけますので、ぜひご活用ください。
ウェビナー

ZOOM無料プランでコンサルやセミナーを開催してみよう【入門編】

  • 初心者向けの使用方法を解説
  • 主催側と参加側の操作方法が把握できる
  • 招待URLをわかりやすく送るメール例文を紹介
ウェビナー

オンラインコンサルの始め方−あなたのスキルを販売しよう

  • 全国からクライアントを募集できる
  • 低コストな分コンサル料金を抑えて提供できる
  • 多様化が進み自分のスキルを活かすチャンスがある
編集部おすすめ

ウェビナーツール無料プラン機能を比較

  • ウェビナーに使えるツール5つを紹介
  • 無料プランでどこまで機能があるか比較
  • 導入時は練習と検証をしよう
ウェビナー

ウェビナー配信ツールを選ぶ前に確認しておく3つのポイント

  • お得なプランはセミナー開催回数や参加人数で変わる
  • 自社セミナーに合った配信パターンを確認する
  • どこまでのサポートが必要か確認する