成果報酬型のセミナー集客代行
ウェビナーを開催してみる

ウェビナーって何?ウェビナーで出来ること・出来ないこと。無料ツールは?zoomって何?ウェビナーの告知方法など。

詳細はこちら

集客できるオウンドメディアの作り方をイチから教えます

マーケティング
スポンサーリンク

オウンドメディアを作成して自社のサービスにwebお客さんを誘導したいと考えている方も多いのではないでしょうか?

特に、最近はインターネットからの集客効果が高いことからオウンドメディアを構築する企業も多いです。

ここでは、効果のあるオウンドメディアの立ち上げ方を紹介します。

オウンドメディアとは?


オウンドメディアとは自社のサービスや商品を購入してもらうために、記事を作成して集客するものです。

メディアのように有益な情報を提供することで自社のサービス・商品に誘導するという流れが一般的です。

例えば、アパレル業界であれば、商品を販売するカタログのようなサイトの他に、年齢や体型の悩みに合わせたコーディネートを提案する”読み物系”コンテンツを作るとユーザーに喜ばれます。
家具を扱うお店であれば、部屋をきれいに保つための収納ワザを提案したり、安眠できるベッドカバーの色を紹介するなどです。

ひと昔前のように広告だけで商品やサービスが売れる時代ではなくなりました。情報やモノが溢れている現代は、その商品・サービスの価値やストーリーを伝えるメディアの運営が必須なのです。

オウンドメディアはインターネットマーケティングの中でもトップクラスの集客率を誇っており、自社のオウンドメディアが周知されれば、効率的に集客を行うことが可能になります。

オウンドメディア運営のメリットとは?
自社の情報の発信や、コンテンツをユーザーに届けることを目的に、オウンドメディアを運営する企業が増えています。オウンドメディアは、企業が見込み顧客や潜在顧客を集客することができるコンテンツマーケティングの手段のひとつです。本記事ではオウンドメディアを運用する目的と、そのメリットを解説していきます。

オウンドメディアの作り方


オウンドメディアを運営することになっても、どのようなに作成すればいいのかわからない方も多いです。

ここでは、実際に効果の高いオウンドメディアを作成した経験からオウンドメディアの作成方法を細かく紹介します。

ステップ1:目的を決める

オウンドメディアを作成する時には目的を決めることが一番重要です。

最終的に自社のサービス・商品を購入してもうらうことが目的なのか、自社のサービス・商品を世に広めることが目的なのかでもオウンドメディアの方針が異なります。

そのため、基本的にオウンドメディアを作成する時は目的を一番最初に決めてから作成するようにしましょう。

目的を決めずに見切り発車でオウンドメディアを作成してしまう会社も多いです。

ステップ2:マニュアルの作成

オウンドメディアではコンテンツの作成が必要になります。この時に必要なのがマニュアルです。

マニュアルを作ることでライターさんに説明する手間を省くことができます。

また、マニュアルを作成することでオウンドメディアの記事の質にばらつきがでることや記事ごとの方針がバラバラになるという事態を避けることが可能です。

マニュアル作成の際には最低限、以下のことを記載するようにしましょう。

  • 必須時効ではなく禁止事項ベースで作成する
  • 文体について記載する
  • 写真の取り扱いについて
  • 記事の構成方法
  • タグやカテゴリーに関して
  • 文字の大きさ、装飾について

マニュアルはエクセルなどで事前に作成したものを修正していきましょう。

トンマナとは?セミナー受付ページは統一されていますか?
トンマナは、トーン・アンド・マナーのことで、「Webサイトや広告におけるデザインの方向性」というような意味です。文章やイラスト、カラーリングの元に「トンマナ」があることで、より訴求力の高いコンテンツが作られます。トンマナが守られていないセミナーのWebサイトは、おそらく非常に厳しい運営を強いられるでしょう。本記事ではトンマナについて、詳しく解説します。

ステップ3:ライターを集める

オウンドメディアではライターさんを集める必要があります。

オウンドメディアの効果が出るまでには最低でも50記事は必要です。また、50記事作成後も定期的に記事を作成して掲載していく必要があります。

そのため、ライターさんとは長い付き合いになります。

ライターを集める時には、最初は多くの人を集めます。そして記事の質を見て、最終的に5人ほどに絞るやり方が失敗が少ないです。

ステップ4:全員で目標を共有する

オウンドメディアを作成する時にはライターを含めて全員で目的・目標を共有することが重要です。

優秀なライターさんの場合は、今までの経験を元に目標に合った記事の作成や、サイトの改善点などを教えてくれることが多いです。

しかし、運営をしている人の間でしか目的を共有していないと、ライターさんとうまくコミュニケーションを取れないこともあります。

記事のテーマを伝えるだけでなく、「目指すゴールは何なのか?」「読者にどんな行動をさせたいのか?」を共有することでライターさんの能力を最大限発揮してもらいましょう。

ステップ5:リライトで改善

オウンドメディアの記事は作成して終了ではありません。記事を作成してからがスタートです。

記事はリライトで修正して常に最新の情報にしておくことでグーグルなどの検索エンジンからの評価も高くなります。

また、更新頻度の高い記事は検索の上位に表示される確率も高いです。

リライトでは以下の点を意識しましょう。

  • 情報は最新のものであるか
  • 文章を読んでおかしくないか
  • サイトの方針を乱してしないか

サイトの方針に合わない記事に関しては削除もしくはnoindex設定することでサイトの評価をあげることにもつながります。

他社のオウンドメディアを参考にして記事を整理して最適化させることも有効です。

SEOセミナーに参加する前にチェック。SEOって何?
SEOってどういう意味?検索エンジン最適化の略ここでいう検索エンジンとはGoogleグーグルの事を指します。 かつてはグーグル以外にもYahoo!Japan、Bing、その更に過去にはAltaVistaやExciteといった検索エンジンも存

オウンドメディアを作る時の注意点


オウンドメディアを作成する時には注意点があります。

ここでは、オウンドメディアを作成する時に最低限確認して欲しいことについて紹介していきます。

目的を明確にする

オウンドメディアでは目的を明確にすることが重要です。

特に、オウンドメディアは集客ツールとして使われることが多いので、最終的に誘導したサービスや商品とあっていないオウンドメディアを作成しても意味がありません。

オウンドメディアを作成する時には自社のサービスや商品との親和性があるのかも重要になります。

導線をしっかり作る

オウンドメディアでは導線も重要になります。

導線とはオウンドメディアの記事を読んだ人が自社のサービスや商品を購入する流れのことです。

この流れがないと記事の内容を読むだけで自社のサービスや商品に展開させていくことができないのです。

コンテンツをつくることが目的になってしまい、本来のゴールを見失わないようにしましょう。
導線の確保はオウンドメディアを作成する際にもっとも重要なことであると言うことができます。

量ではなく質を重視する

オウンドメディアを作成する時には量ではなく質を重要視しましょう。

SEO的に効果があるのでとにかく記事を量産すると言うケースがあります。しかし、現在は量ではなく質でサイトのSEOを判断するアルゴリズムが導入されています。

そのため、オウンドメディアを作成する時には量ではなく質を最重要に考えましょう。

運営者が自分の求めてるものではなくユーザーが求めている情報を記載しているのかを意識して、記事を作成することで質をあげることが可能です。

良質な記事はソーシャルメディアで拡散される可能性も高いです。

オウンドメディア運営サポートのご案内|株式会社 東邦メディアプランニング
このページでは株式会社東邦メディアプランニングが提供するオウンドメディア運営サポートのご案内を致します。
タイトルとURLをコピーしました