成果報酬型のセミナー集客代行
ウェビナーを開催してみる

ウェビナーって何?ウェビナーで出来ること・出来ないこと。無料ツールは?zoomって何?ウェビナーの告知方法など。

詳細はこちら

トンマナとは?セミナー受付ページは統一されていますか?

ウェブサイトのデザインを決めている マーケティング
スポンサーリンク

最初に要点を言ってしまうと、「トンマナ」が守られていないセミナーのWebサイトは、おそらく非常に厳しい運営を強いられるでしょう。

トンマナがなければ、自分たちの伝えたいことを、うまく伝えられません。

逆に言えばトンマナを守っているセミナーのWebサイトは、より強い訴求能力を有するようになります。

ここまで言えば、トンマナというものが、いかに重要なファクターであるか理解してもらえるはずです。

とはいえ、

✅ そもそもトンマナが何かわからない
✅ トンマナの何がそんなに重要なの?

という人も多いでしょう。

本記事では「トンマナ」について、詳しく解説します。

ぜひ、参考にしてください。

そもそもトンマナとは?

トンマナは、「トーン・アンド・マナー」のことです。

わかりやすく言い換えれば、「Webサイトや広告におけるデザインの方向性」というような意味になります。

デザインと言うとイラストやカラーリングを連想するでしょう。しかし実際には、文章にもトンマナがあります。

文章やイラスト、カラーリングの元に「トンマナ」があることで、より訴求力の高いコンテンツが作られます。

トンマナの役割

ウェブサイトのデザインをしているイラスト
トンマナの役割は、大きくわけて3つあります。

そして役割であると同時に、メリットでもあります。

コンテンツをわかりやすくする

最大の役割は、やはり「コンテンツのわかりやすくする」ということ。

トンマナがあれば、読者にとって理解しやすく、態度変容も起こりやすくなります。

たとえばマリンスポーツに関するWebサイトがあったとしましょう。

だとするとマリンスポーツにふさわしいトンマナを用意する必要があります。

あくまでも一例ですが、

  • カラーリング(ex.海を連想させる青色)
  • イラスト・フォト(ex.ジェットスキー)
  • 文章構成(ex.「!」を多用して、読者の期待感を煽る)
  • 字体(ec.ポップかつシャープ)

といったものが、適切なトンマナとなります。

このようにコンテンツをわかりやすく表現し、読者に伝えるのがトンマナが持つ最大の役割です。

ブランディング

トンマナには、「ブランディングする」という効果があります。

トンマナを統一することで、商品やサービスは強いブランド力を持つようになります。

具体的には、

  • イメージカラー
  • フォント
  • 文調
  • 表記方法
  • 使用を避けるべき単語

などを統合することで、ブランディング効果が生じます。

ロックバンド「ポルカドットスティングレイ」のWebサイトをを、例に取ってみましょう。

ポルカドットスティングレイは、黒猫のキャラクター「ビビ」をイメージアイコンとしています。

(引用:ポルカドットスティングレイ

ビビは、ファンから絶大な支持を受けているキャラクターです。

Webサイトでは、ビビを前面に押し出すことで、よりキャッチーな印象と、バンドの「らしさ」が演出されています。

さらに「ポルカドット」という名称を表現するように、背景にはドットを配置。

カラーリングは薄いパープル基調で、バンドの性格を明確にアピールしています。

(引用:ポルカドットスティングレイ

これでポルカドットスティングレイが、「やや脱力感のある、キャッチーなバンドである」ということブランディングされるわけです。

このようにトンマナを用いて、ブランディングすることが可能です。

セミナーにおいても、間違いなく活かすべきポイントと言えます。

作業内容の統一

トンマナが統一されていれば、作業内容も統一されます。

そして作業内容が統一されることは、メリットとなり得ます。

なぜなら作業内容が統一されていると、作業する人員に迷いがなくなるからです。

たとえば、

  • メインカラーは「青」
  • フォントは「ゴシック」
  • 文調はマニュアルでさだめたもの
  • NGリストにある単語は使わない

ということが、事前に設定されていたとしましょう。

すると、「ここのトンマナは、どうしようか?」ということについて考える必要はなくなります。

つまり、迷いがなくなるというわけです。

逆にトンマナが定まっていなければ、逐一何かしらで迷わないといけなくなります。

そして仕上がりも、トンマナによる制御が取れていない、ちくはぐなものとなってしまうのです。

トンマナを意識するということは、作業内容を統一し、なおかつ効率化する効果もあるということです

オウンドメディアでセミナー集客をする方法
セミナー集客には、Web広告やSNS運用が挙げられますが、オウンドメディアにも注目が集まっています。オウンドメディアを活用したセミナー集客とは、どのような方法なのでしょうか?ここでは、オウンドメディアの運用方法について分かりやすく解説します。

セミナーにおけるトンマナ

パソコンを操作する笑顔の女性
もちろん、セミナービジネスにおいてもトンマナは重要です。

特にセミナー受付ページにおいて、トンマナを統一することには、たいへん大きな意味合いがあります。

トンマナが統一されていれば、上述したとおり、

  • 読者から見てわかりやすい内容になる
  • ブランディングされ、価値認識が高まる

というような効果が得られます。

また、副次的に「このセミナーは、”ちゃんとしている”」というように思ってもらえる効果も期待できるのです。

逆にトンマナがない、あるいはセミナーの趣旨と合致しないのであれば、訴求力は著しく低くなります。

つまり冒頭で述べたとおり、セミナーの運営において苦戦を強いられるでしょう。

要するにセミナー受付ページでは、徹底して理想的なトンマナを追求して落とし込む、というのが重要になります。

ブログでセミナーの集客を成功させるたった3つの鉄則ルール
セミナー集客につながるブログの書き方ってあるのかな、とお悩みではないですか?本記事ではブログ集客でセミナー参加者を増やすコツと、さらにブログがネタ切れしないための対策法をお教えします。ブログはお金をかけずにできる集客ツールです。ブログを始めてみようと考えている方はもちろん、ブログを放置している方にも必見の内容です。

まとめ

どんなビジネスにおいても、Webページでのトンマナは、たいへん重要な意味合いを持ちます。

トンマナが統一されているか否かで、大きな違いが生まれてしまうからです。

どんなに素晴らしいセミナーでも、セミナー受付ページのトンマナが不出来だったなら、参加者は集まりにくくなるでしょう。

逆にまだ開催実績が少ないセミナーでも、トンマナに救われるかもしれません。

これを機に、一度自社のトンマナを見直してみてはいかがでしょうか。

⬇ ノウハウがない場合や、専門家に見直して欲しいという場合は、お気軽にご相談ください ⬇

オウンドメディア運営サポートのご案内|株式会社 東邦メディアプランニング
このページでは株式会社東邦メディアプランニングが提供するオウンドメディア運営サポートのご案内を致します。
タイトルとURLをコピーしました