成果報酬型のセミナー集客代行
ウェビナーを開催してみる

ウェビナーって何?ウェビナーで出来ること・出来ないこと。無料ツールは?zoomって何?ウェビナーの告知方法など。

詳細はこちら

セミナー集客に有効な特典、プレゼントの付け方 

セミナー企画部の会議の様子 マーケティング
スポンサーリンク

セミナービジネスを展開するにあたって、集客は「永遠のテーマ」とも言えるでしょう。

適切な方法で集客すれば、セミナービジネスは大きく発展します。

集客の具体的な施策として、「特典・プレゼントを用意する」というものがあります。

適切な特典とプレゼントを用意できれば、よりよい成果が得られるようになるでしょう

とはいえ、「特典・プレゼント」という施策の重要性や具体的な方法について、詳しく知っている人は少ないはずです。

本記事では、特典とプレゼントを用いた施策について、詳しく解説します。

セミナー集客における、特典・プレゼント施策の重要性

セミナー講師
そもそも、何のために特典やプレゼントが、施策として重要なのかおさらいしておきましょう。

マーケティングの観点から見ても、このことを理解しておくことは重要です。

セミナーへの参加を促進する

当然ですが、特典やプレゼントがあれば、セミナーへの参加を促進できます。

権威ある経営情報誌「戦略経営者」は、Incentive(つまり、特典やプレゼント)が、売り上げ確保の「必須条件」とまで断言しています。

上記のソースがなくても、特典やプレゼントがセミナー集客で有効なのは、体感的にも把握できるでしょう。

受講料を高めることも可能

また、特典・プレゼントを用意することで、受講料を高く保つことも可能です。

多少受講料が高くても、無償で特典・プレゼントを得られるというのが、見込み顧客にとって魅力的に映るからです。

好感度が高まる

参加者に対しては、「好感度」が高まるという効果もあります。

よりよい特典とプレゼントを提供することで、

  • 信頼できそうな開催者だし、参加する価値はありそうだ
  • サービスにおいても、誠実な対応が期待できそうだ
  • ここまでしてくれるのだから、サービスや商品を利用してあげたい(返報性の原理がはたらく)※1

というように思ってもらえる可能性が高まります。

こういった理由で、特典・プレゼント施策を用いれば好感度の向上がともなって、セミナービジネスにおいて集客効果(コンバージョン率向上)が表れるというわけです。

(※1参考:J-STAGE『人工知能学会全国大会論文集』

セミナー集客で、特典・プレゼントを活用しよう

参加特典に惹かれている女性
続いて、セミナー集客における、特典・プレゼントの具体的な活用方法についておさえておきましょう。

以下すべてに共通して重要なのは、「ペルソナの求める特典・プレゼントを用意する」ということ。

つまり事前の調査・マーケティング段階で見込み客や参加者のニーズを理解し、適切なものが提供できるようにしておく必要があります。

セミナーに付加価値をプラスする

特典・プレゼントのもっともスタンダードな活用方法は、「セミナーに付加価値をプラスする」ということ。

セミナーの内容や受講料にもよりますが、場合によっては「セミナー単体」が持つ価値だけでは、集客できないケースもあります。

しかし特典・プレゼントを無償提供することにより、当然ながらセミナーには付加価値が追加されるわけです。

よってセミナーに参加することが魅力的であると感じられ、集客効果として表れるわけです。

不安や疑問を取り除く

また、特典やプレゼントを用いて、「見込み顧客の不安や疑問を取り除く」ということも可能です。

セミナーへの参加を検討している見込み顧客は、参加すること自体にさまざまな不安や疑問がある状態です。

たとえば、

  • 「セミナーに参加したとして、学んだことを活用できるか?」
  • 「自分にとって、必要性のあるセミナーなのか?」

というような形ですね。

当然、上記の不安や疑問がハードルになって、セミナーへの参加を見送られるというケースもあるでしょう。

しかしここで明確な特典やプレゼントを用意することで、不安や疑問が解消されるケースもあります。

たとえば、

  • 「無料でワークブックがもらえるし、学んだことを実践できるな」
  • 「セミナーはともかく、プレゼントだけでも欲しいな」

というように思わせることが可能です。

もちろんこのような態度変容を起こせば、セミナーへの参加率は向上するでしょう。

インセンティブとして使う

また、特典・プレゼントを「インセンティブ」という形で扱うという方法もあります。

たとえば見込み客に対して、アンケートを取りたいと仮定しましょう。

当然ながら何もない状態では、見込み客はアンケートに対して否定的な反応を示します。

そこで「アンケートに回答すれば、○○をプレゼントする」というようなインセンティブを儲けるわけです。

インセンティブ的に特典を活用すれば、より多くの協力が引き出せるでしょう。

セミナーアンケート例文と活用方法は?
セミナーのアンケートを作りたいけど、どんな質問項目を載せたらいいのかな?とお悩みですか?本記事ではアンケートの例文と、その活用方法を解説します。アンケートの回収率を上げるポイントもお教えしますのでぜひ参考にしてください。アンケートは宝の山です。やらないなんて、もったいない!

それ自体を集客手段とする

また、特典・プレゼント自体を集客手段とする方法もあります。

本来、特典・プレゼントは、「顧客にとって一方的なメリットをもたらす」というものです。

たとえば携帯電話キャリアの「キャッシュバックキャンペーン」などは、この典型と言えるでしょう。

しかし、

  • 「化粧品会社が、『特典』と称して、試供品を提供する」
  • 「カフェテリアが『プレゼント』と称して、クーポンを配布する」

という形であれば、特典・プレゼントは「集客(販促)」の手段となります。

つまり「一方的にメリットを提供するでなく、提供する側にも集客ができるというメリットをもたらす」というわけですね。

できることなら、何かを無償提供するだけでなく、新たな集客へつながるような特典・プレゼントを用意したいところです

ただし、特典・プレゼントばかりに依存してはいけない

上述したとおり、特典・プレゼントは、幅広い目的で有効に活用できる余地があります。

適切に活用すれば、多大な集客効果を得られるでしょう。

とはいえ、注意すべきポイントもあります。

特典・プレゼントを施策として活用するのはよいでしょうが、そればかりに集客戦略を依存してはいけません。

なぜなら特典・プレゼントばかりに注力していると、バックエンド商品の価値が著しく低下するからです

つまり「特典・プレゼントだけで事足りる」という状況が起こりかねない、というわけですね。

また、「特典とプレゼントだけを目的として、セミナーに参加する」という人も出てくる可能性があります。

購買意欲を著しく落とすため、これもできるだけ避けなければいけません。

というように特典・プレゼントを充実させるあまり、本来の目的が損なわれないように注意しましょう

適切な特典・プレゼントを用意して集客促進しよう

特典の種類のイラスト
セミナービジネスにおいて、集客はきわめて重要なポイントです。

そのうえで特典・プレゼントを活用するというのは、古典的ながら有効な集客戦略となります。

より高い集客効果を狙うなら、特典・プレゼントにも注力してみましょう。
予算別セミナー集客方法の紹介
セミナーでは、「集客」というプロセスが非常に重要です。いかに適切な集客方法が取れるかで、セミナービジネス自体の成否は分かれると言っても過言ではありません。本記事では、主たる集客方法にかかる費用を、予算別で解説します。
タイトルとURLをコピーしました