成果報酬型のセミナー集客代行
ウェビナーを開催してみる

ウェビナーって何?ウェビナーで出来ること・出来ないこと。無料ツールは?zoomって何?ウェビナーの告知方法など。

詳細はこちら

セミナー 集客がうまくいくメルマガのつくりかた

メルマガ セミナー集客
スポンサーリンク

セミナービジネスの集客において、メルマガはきわめて有用な手法です。

メルマガをうまく活用できれば、強烈な集客効果を発生させることも、決して不可能ではありません。

とはいえ、

「メルマガってどうやって作ればいいのか?」
「そもそもメルマガって何?」

というような戸惑いを持っている人も多いでしょう。

本記事ではメルマガとその作り方、より効果的に運用するためのコツについて解説します。

ぜひ、参考にしてください。

そもそもメルマガとは何なのか?

セミナー情報ドットコムメルマガのスクリーンショット
参考:セミナー情報ドットコム”セミナー紹介メルマガ”

まず、メルマガがどういった集客手段なのか、一度整理しておきましょう。

メルマガは、基本的に「ユーザーの態度変容をもたらすため、継続的にアプローチする」というねらいで用いられます。

派生系として、「ステップメール」や「ターゲティングメール」といったものも存在します。

メルマガは、

  • さほどコストがかからない
  • 導入ハードルが低い
  • プッシュ型のアプローチを、低い労力で実施できる
  • ユーザーとの関係性を築ける
  • タイムリーに発信できる

といったメリットがある手法です。

こういったメリットに由来する有効性は高く評価されていて、長きにわたって幅広区活用されています。

基本的なメルマガの作り方

セミナーにおいて、メルマガを導入したいと考えている人も多いでしょう。

下記では、メルマガの基本的な作り方について解説します。

目的は集客

メルマガの作り方でもっとも重要なのは、「メルマガの目的を明確に持つ」ということ。

セミナーの場合、当然に集客、つまり「セミナー参加者を増やす」というのが目的となります

この目的から外れないように、コントロールすることが重要です。

ただし集客だけにこだわらず、直接的なバックエンド商品をプッシュするというケースも、例外的には考えられます。

ターゲットを選定する

続いて、メルマガを配信する相手、つまり「ターゲット」の選定へ移ります。

あらゆるビジネスシーンにおいて「ターゲティング」は重要ですが、メルマガも例外ではありません。

狙うべきターゲットを選定し、顧客になりうるユーザーにのみ、メルマガは送付されるべきものです。

つまり事前のリサーチ・マーケティングによって、「ターゲット」を明確化しておく必要があります。

もしターゲットが明確になっていなければ、誰にも響かないメルマガを送信してしまうこととなります

つまりセミナーへの集客にはつながらなくなる、というわけです。

メルマガを作るうえでは、かならずターゲティングを実施しましょう。

配信リストを確保する

続いて、「配信リスト」を確保します。

配信リストとは、簡単に言えば、「誰に何のメルマガを送付するか」をまとめたものです。

配信リストがあれば、

  • 特定の条件を満たすユーザーにだけメルマガを送付する
  • 想定される興味・関心度合いによって、送付するメルマガを逐次変更する
  • メルマガを送るべきではないユーザーは除外する
  • 機密事項や情報漏洩などを予防する

といったことが可能になります。

メルマガを活用する場合は、配信リストは必須と言えます。

コンテンツを作成する

いよいよ、目的とターゲットに沿ったコンテンツ作成へ入ります。

コンテンツの作成は、いくらでも突き詰める余地がある点です。

ターゲットに対して何を提供すべきなのか、徹底的に考え抜きましょう。

コンテンツの作り方としては、さまざまなアプローチが考えられます。

  • Webリサーチで、ユーザーが求めていることを知る
  • マインドマップを利用して、何が求められるのか理解する
  • 定性調査・定量調査を用いて、何に価値があるのか確認する
  • 3Cマーケティングで多角度的にニーズを分析する
  • いわゆるセールスライティングの技術を反映させるetc…

上記は、あくまでも一例です。

自社の方針やセミナーに応じて、個別具体的なアプローチを確立しましょう。

セミナー集客がうまくいく、キャッチコピー作成の11ポイント&例文
セミナーにおけるキャッチコピーは、当然ながらとても重要なものです。突き刺さるキャッチコピーを作成すれば、集客にもよい影響が与えられます。本記事では、セミナーにおけるキャッチコピー作成のポイントを解説します。これを読めば、SNSやブログ、チラシに活用できる効果的なキャッチコピーの作り方を習得できます。ぜひ参考にしてください。

メルマガ配信のコツ

メルマガの方針会議
上記が、基本的なメルマガの作り方になります。

といっても上記はあくまでも「基礎的なフロー」にしかすぎません。

メルマガを良質な集客手法として利用するなら、上記を踏まえたうえでの、じゅうぶんな研究とリソースが必要です。

きちんとプロジェクトとして、動かしていきましょう。

下記では、さらにメルマガの集客効果を高めるコツについて解説します。

効果測定

メルマガを配信するなら、かならず「効果測定」は実施しておきましょう。

具体的には「クリックされる確率」や「開封率」など、「ユーザーがどれだけメルマガに反応しているか」を測定します。

効果測定で、メルマガがどのような結果を出しているか理解していれば、運用について方針を定めることが可能です。

ライティングスキルを使う

メルマガで大切なのは、ライティングスキルです。

マーケティングで必要なものを理解できても、上手に伝えられなければ意味がありません。

ライティングを学んで、「ユーザーに刺さるメルマガの文面」を追求しましょう。

先ほども触れた「セールスコピーライティング」などは、メルマガに対して好相性です。

継続する工夫

メルマガを継続する工夫も重要です。

なぜなら「メルマガを始めたものの、継続できず、途中で中断してしまう」というのは、本当にありがちなパターンだからです

メルマガの配信が途切れてしまえば、その時点で集客手法としては破綻しています。

定められたペースでの配信が継続できるように、体制を整えましょう。

ちなみにステップメールという手法を使うのも有効です。

ステップメールとは、一言で言えば「十数通程度の連載型メルマガ」といったところです。

連載する過程で、少しずつ態度変容を起こし、コンバージョンせさせるいうようなものですね。

ステップメールは、1通目から最後の1通までを作り上げてから配信するのが基本形。

一度書き上げてしまえば、あとは配信するだけなので、配信頻度で悩まされる事はありません。

メルマガの開封率を上げるために今すぐできる改善ポイント
現状よりメルマガ 開封率を上げたいとお考えの方へ。本記事ではメルマガの開封率を上げるための、すぐに取り組める改善ポイントについて解説していきます。件名をつくるコツと例文、配信曜日や時間帯はいつが最適なのでしょうか。本記事でご紹介します。かんたんにできる改善ポイントですのでぜひ参考にしてみてください。

メルマガは費用対効果が高い施策、まずは導入してみよう

メルマガ作成ミーティング
メルマガは、古典的ながらも理に叶った集客手法です。

うまく活用すれば、かかるコストからは想定できないほどの集客効果を得ることも可能でしょう。

導入のハードルも低いので、ある程度ラフに試してみてもよいでしょう

ぜひ本記事を参考に、メルマガの作成、および運用にトライしてみてください。
広告運用代行のご案内|株式会社 東邦メディアプランニング
このページでは株式会社東邦メディアプランニングが提供する広告運用代行のご案内を致します。
タイトルとURLをコピーしました