ウェビナー開催の流れ

自宅やオフィスなどで受講できるウェビナーが人気です。
インターネットを利用したセミナーには物理的な制限がありません。ターゲットになる受講者の幅も格段に広がりますので積極的な導入をおすすめします。

ウェビナーって何?

ウェビナーとは?

ウェビナー(Webinar)という言葉は、「ウェブ(Web)」と「セミナー(Seminar)」を足した造語です。Webセミナーやオンラインセミナーとも言われます。

ウェビナーはインターネット上で開催されるセミナーのことで、ZOOMなどのWeb会議システムの他、スカイプやLINEなどのコミュニケーションツールを使用して行われています。

これまでは東京開催であれば、交通費と時間をかけて東京の会場に足を運ぶ必要がありましたが、パソコンやスマートフォンがあれば、自宅やカフェでも受講ができます。また就業後の21時〜開催されるセミナーは少ないのですが、ウェビナーであれば講師も受講生も自宅にいながら参加ができるので、21時・22時という時間帯でも開催可能というのがウェビナーの特徴の一つです。

企業の就職説明会や面接に導入されたり、顧客への製品紹介やアフターフォローのコンテンツとしても活用されています。

ウェビナーの種類

ウェビナーにはリアルタイムでライブ配信されるものと、あらかじめ録画された講義を動画配信する手法のオンデマンド配信があります。
リアルタイム配信されるセミナーは、講師と受講生が音声やチャットでやり取りをしながら進行するタイプが多いため、リアルなセミナーに近いイメージです。

逆に、オンデマンド配信については、双方向のコミュニケーションは取れませんが、配信時間にとらわれず自分のペースで視聴し学びを進めることができます。リアルタイムで質疑応答ができなくても、アンケート機能などを使用して回答することが可能です。

ウェビナーのメリット・デメリット

ウェビナーもメリットばかりではありません。
ウェビナーならではのハードルもあるので、知っておいて欲しいメリット・デメリットをこの記事で紹介します。

ウェビナーのツール紹介

ウェビナーのツールは豊富にあります。条件によってはLINEでも開催が可能です。
画面で資料共有ができる、ホワイトボードが使用できる、録画機能があるなど、それぞれのツールが提供しているサービス内容をチェックして、ご自身のセミナーコンテンツに最適なものを選ぶことが重要です。

ウェビナー受講者へのフォロー

非常に便利で気軽に受講できるウェビナーですが、初めての参加は不安なものです。ウェビナー当日までに事前のご案内をしておきましょう。何か問題やトラブルが起こった場合でも対応できるよう準備をしておきましょう。

ウェビナーを告知したい

セミナー集客ポータルサイトの中でも人気が高いセミナー情報ドットコムが、2020年3月からウェビナー掲載を開始しました。

従来のセミナー掲載と同様に、ウェビナーの掲載費は無料で、申込みがあった場合も手数料などの課金がありません。
登録方法も登録フォームに沿って必要事項を入力するだけです。ぜひ活用したい告知手段ですね。

ウェビナーの記事一覧
ウェビナーでアンケートを活用する重要性と具体的例
感染対策をしている受講生
ウェビナーのモデレーター
ウェビナーをする講師
ウェビナーを受講する男性
ZOOMのウェビナーとは?基本機能との違いと7つのメリット
ZOOMやウェビナーで使えるアイスブレイク9選
ZOOM無料プランでコンサルやセミナーを開催してみよう【入門編】
オンラインコンサルの始め方−あなたのスキルを販売しよう